男性

日本人の500万人以上が痛風予備軍|プリン体を控えて予防しよう

ローヤルゼリーで症状軽減

サプリメント

高齢になった女性が発症する更年期は、最近男性でもなることがわかっています。症状には個人差がありますが、少しでも軽減するためにローヤルゼリーのサプリメントを摂取しましょう。女性ホルモンと同様の働きをしてくれます。

Read More

DHAとウォーキング

シニア

血液を検査することで、人間の健康状態を把握することが出来ます。血液中の悪玉コレステロール値が高い人は要注意です。様々な病気になる可能性があります。数値を下げるためには、DHAを沢山食べて、適度な有酸素運動が必要です。

Read More

プリン体の摂り過ぎに注意

階段を降りる人

ある日突然、足の親指に激しい痛みを感じた経験をした人はどのくらいいるでしょうか。昔から風が吹くだけでも激痛が走るとされているのが、痛風です。これは関節の病気で、日本にも多くの痛風患者がいて、現在は予備軍も含めると全国に500万人以上いるとされています。

痛風になる原因は、日頃からの食生活やストレスです。食事で過剰に摂取しすぎた尿酸が、体内でナトリウムと合体して結晶化することで、足の親指に激しい関節痛を起こす病気です。一般的には、足の親指が発症しやすい場所ですが、手首や肩、肘や膝などの関節以外にも、かかとやアキレス腱も発症する可能性があります。特に男性に多く発症する病気ですが、最近は若い女性でも痛風で苦しんでいる人もいます。ですから、自分は大丈夫と思わずにしっかりと予防をしておく必要があります。

痛風を予防するためには、食事でプリン体の摂取を控えることが一番でしょう。プリン体とは、レバーや白子などに多く含まれている成分で、人間が生きていくためには必要な成分なのですが、必要以上に摂取せずに量をコントロールすることが大事になります。
プリン体の量を自分でコントロール出来れば、痛風の予防にも繋がります。日常できる簡単な予防法として、プリン体の多い食品や飲み物を控えることが大事です。他にも、満腹まで食べないことも重要で、腹八分目くらいにすることで肥満防止にも繋がります。また、ビールもプリン体が多いので、アルコールの飲み過ぎをやめることも痛風予防になるでしょう。

ゴマの力で健康になる

ゴマ

日本人から昔から食べている和食は非常に健康に良いことがわかっています。特に、ゴマやお米、麦に含まれている素晴らしい栄養素があります。それは、セサミンです。セサミンのパワーは偉大で、人間にとって様々な効果があることがわかっています。

Read More