女の人

日本人の500万人以上が痛風予備軍|プリン体を控えて予防しよう

DHAとウォーキング

シニア

採血をしたことがある人は多いでしょう。人間の健康状態を調べるために、少しの血を取り、その中の成分を分析することで沢山のことがわかります。特に気になるのが、悪玉コレステロール値でしょう。血液中に悪玉コレステロール値が高いと、血液はドロドロして硬化しやすい状態になっているので、非常に危険な状態といえます。

悪玉コレステロール値を下げて、血液をサラサラにして、病気を予防しないといけません。高い状態を維持したままだと、生活習慣病や動脈硬化などの病気になるリスクがあるので、採血時に高い数値を出して注意を受けた人は、食事と運動をして数値を下げる努力をしましょう。

コレステロール値が高い人は自分の生活習慣を改善しないといけません。そのためには、まず食事を改善しましょう。インスタント食品や脂っこいものばかり食べていると、数値が下がることはありません。数値を下げるためには、DHAが豊富な青魚を沢山食べるように心がけましょう。また、インスタント食品ばかりの生活をやめて、バランスの取れた食事をしましょう。

さらに、食事と一緒に有酸素運動をすることも、コレステロール値を下げる有効な手段です。今まで全く運動をして来なかったことが原因で中性脂肪が溜まり、コレステロール値を上げる原因になっているでしょう。そのため、中性脂肪を減らすためにも、毎日30分以上のウォーキングをしましょう。通勤手段を徒歩に変更するのもいいでしょう。意識的に歩くと、脂肪が燃焼されて、中性脂肪が減っていきます。その結果、コレステロール値も徐々に下がっていくでしょう。